久々の夜のお出掛け

結婚してから、ほとんど友人と会うことがなくなりました。
わたしは結婚が一番遅く、みんな結婚して子供も生まれ、なぜか一人ぼっちのような気がしていました。
さみしいわたしを友人たちは家に誘ってくれたりして、毎週のように出かけていました。
そんなわたしに友人は、男の人を紹介してくれ、それが今の主人です。
結婚したら家庭が大事だから、あまり自分の好きなように外出などできなくなるよ。
子供が生まれたらもっと出かけられなくなる。
と、友人がもらしていたことが、結婚してようやくわかるようになりました。
出かけたいのだけれど、旦那さんがいると気を遣うのがよくわかります。
一人の時とは違い、旦那さんのご飯の心配もしないといけないのです。
そう思うと、なかなか出れないのがわかります。
こどもも旦那さんが見てくれるといいですが、みんながそうではないので
見てくれる人がいなければもちろん飲みに行けません。
結婚してわかることがたくさんあります。
みんなの言っていることが痛いほどわかりました。

やる気があるのに腕の痛みが

最近仕事を変わりました。
そこは飲食店なのですが、キッチンに配属になりました。
初めてのことだらけで、そして覚えることに一生懸命な日々を過ごしています。
スタッフの方はよく教えてくれるのですが、なんといってもメニューの多さに驚いてしまいます。
買い出しからするようで、足りないものがあると近くのスーパーに買いに行くそうです。
お客様も多い店で、忙しい店らしいです。
なれないキッチンの仕事。
わたしは独身の頃、事務の仕事しかしていなかったので、飲食店のキッチンという仕事は初めてです。
こどもが高校に上がったのと同時に外にパートに出ようと思い、ちょうど求人が出ていたこの店を受けてみました。
料理をするのはもともと好きだったので、わたしにもできると思ったからです。
しかし、家庭で作るのとは全く違います。
フライパンが重たくて腕は痛い、注文はバンバン入るからもたもたしている時間などありません。
テキパキできるようになるにはまだまだ時間がかかりそうですが、
とにかく腕の痛みさえなくなってほしいと願っています。